« 21.大学における電子メールサービスのアウトソーシング [パネル討論] | メイン | ホンダの撤退で再認識したけど »

2008年12月 5日

日本のモータースポーツは死んだ

カテゴリ:モータースポーツ

今日、ホンダがF1の撤退を発表した。

寝耳に水、そんな言葉を出すまでもなく、モータースポーツ関係者は言葉を無くした。

正直、マーケティングで得られる以上にコストのかかるF1から撤退するのは、ホンダではなく、トヨタだ。誰もがそう感じていたはずだ。いや、トヨタの関係者でさえ撤退は時間の問題と考えていたはずだ。しかし、その決断は世界経済の中で最も重要な立場であったトヨタではなく、物作り、いや、自分たちが創り出すモノによって得られる栄光を最大の価値と考えていた、それをなによりも評価していたはずのホンダが決断したのだ、、、。

僕は泣いている。そう、アレジがF1から引退宣言をした、あの年の鈴鹿以来、本気で泣いている。もちろん、鈴鹿から富士SWにF1の興行が移った際は、悲しみ以上に憤りが僕の感情を埋め尽くした。しかし、今回は訳が違う。ホンダが撤退するのだ。鈴鹿とか、日本グランプリとか、そんな話しじゃないのだ。ホンダがF1からいなくなってしまうのだ、、、。

このインパクトはF1の世界でも大きい。どのメーカーもF1に参戦するためのコスト、いや費用対効果に対して再考を迫られる時期だ。そんなときに、モータースポーツはもちろん、世界的なモーターシェアの中でも重要な位置にいたホンダが居なくなってしまうのだ。BMWやルノーが、このホンダの決断を、他人事と考えているとは思えない、思えないのだ、現在の状況を考えれば。

日本のモータースポーツはどうだろう。
日本のモータースポーツ(4輪)から、ホンダがいなくなってしまったらどうだろう。
迎える状況は、極めて悲観的だと言わざるを得ないだろう。
極めて悲観的、それはつまり崩壊の前段階だ。
そこで得られるものが無ければ撤退する、企業としては当然の判断だ。
しかし、F1という頂点を無くした、ホンダのモータースポーツは、この後いったい何を寄りどころにしてそのレゾンデートルを得るのだろうか。
世界の頂点、その頂きを見ることができなくなってしまったもの。
正直、ホンダは何も語ることが出来なくなってしまった、モータースポーツの世界では何も語ることが出来なくなってしまったのだ。

僕は待っている、そう、ホンダが帰ってくるのを待っている。もう、待っているのだ、最悪でも僕は、、、。僕以外の多くの人間も待っているはずだ、彼らが何を思って待ち続けているか。モータースポーツを取り巻く環境は悪化するばかりだが、周りにいる人たちが報いられる、そんな世界を望みたい、これからのモータースポーツに対して、、、。





投稿者 ymkx : 2008年12月 5日 22:20 |