« オードリーシューズ | メイン | 鈴木亜美 »

2009年5月 7日

$ make -j 8

カテゴリ:DELL

 PowerEdge SC1435が、ゴールデンウィークのど真ん中に到着したんだけど、やっとのことでCentOS5.3をインストールできたので、禁断のmake -j 8にチャレンジです。対象は前回と同じ、PostgreSQL8.3.5でっす。ちなみにCPUは[Quad-Core] AMD Opteron 2376 (2.3GHz/6MB L3キャッシュ)が2基、メモリは8GB (2GBx4/2R/667MHz/SDRAM DIMM ECC)とかいうバカみたいなサーバです。

$ make

real 3m27.317s
user 2m29.093s
sys 0m34.254s


$ make -j 2

real 2m1.324s
user 2m41.626s
sys 0m37.126s


$ make -j 4

real 1m14.732s
user 2m37.338s
sys 0m37.950s


$ make -j 8

real 0m51.184s
user 2m16.553s
sys 0m33.294s

むー、さすがというか、順調に早くなってるね。でも、前のマシンってクラス的に一つ下のCPUでデュアルコア一発であることを考えると複雑かも、、、。

 で、調子に乗ってこんな事もしてみる。

$ make -j 16

real 0m50.257s
user 2m17.261s
sys 0m34.062s

あれ? なんか -j 8より早くなってるし不思議だ-。

 というわけで、このサーバはうるさすぎるので電源を落として帰ります、さらばじゃー。





投稿者 ymkx : 2009年5月 7日 20:41 |