« GP3チャンピオンのエステバン・グティエレス | メイン | PostgreSQL 9.0 リリース »

2010年9月21日

いくら何でもコスワース搭載は無かっただろ、レッドブル

カテゴリ:Formula 1
コスワース首脳、「レッドブルと供給交渉していた」 [FMotorsports F1]
来シーズン、F1最強と言われるメルセデス・エンジンの搭載を求めていたとされるレッドブル・レーシングだが、現在ウィリアムズ他のチームの供給するコスワース社では、1年前に同チームへの供給契約がほぼ実現するところまで行っていたことを明らかにした。

 これ、本当の話なのかな? いくら何でも、チャンピオン争いをするのに新規参入エンジンは無理でしょ、、、。

残念ながらその時点でわれわれは自分たちのエンジンの性能を証明する術を持っていなかった。 もしも13か月先に交渉があったなら、われわれの交渉が異なったものになっただろうことを確信している

 んー、今年の結果を見てコスワースを搭載したいと考えるチームがいたら驚きだよ。絶対にあり得ない話しだと思う。

 いやいや、だからそれ以前に去年ホントにレッドブルがコスワースを搭載検討していたかどうかなんだけど、やっぱ考えられない。もちろん、ルノーよりもコスト的にアドバンテージがあったのかもしれないけど、パフォーマンスや耐久性を考えるとリスキーすぎるよね、リスキーっていうかちょっとクレージーだろ、、、。

 と、コスワースに散々なことを書いちゃいましたが、コスワースエンジンには是非頑張ってもらいたいです。F1界で根本的なコスト削減につながるのか何とも評価しがたいんだけど、新規チームのF1参入にとってコスワースエンジンの存在は大きかったはずだからね。





投稿者 ymkx : 2010年9月21日 08:40 |