« FBからのコメントが出来るようにするテスト | メイン | 12/18 プチカート大会 »

2010年10月26日

10年目の第○企画

カテゴリ:廣田西五的/第○企画

 そうそう、自分の会社が10年目に突入しました。当初会社をはじめるときに10年後なんて全然想像していませんでしたが、とにかくそれだけの時間が流れたという事実を考えると色々思うところが多いです。

 元々、フリーランスで活動をはじめたのが24歳頃。当時、メインで仕事をしていた会社が体制を大きく変更したタイミングで、今も仕事を受けている某出版社さんの仕事を受注。最初はフリーランスのユニットとして動いていましたが、そのままでは契約の面やスタッフの待遇の面で色々と問題があったので翌年の2001年10月29日に法人登記をしました。

 設立後しばらくはネットバブルの流れもあり仕事は多く、どちらかというと仕事を選んでいるような状況でした。あの頃はネット関連で求人を出しても未経験者ばかりで、また、自分のマネージメント能力の低さも相まって、なかなか思い通りの会社運営が出来ていませんでした。
 そして、2008年頃からそれまで長いつきあいだったクライアントさんから業務の終了や予算縮小が相次ぎ、会社運営が難しい状況に突入します。8期連続で黒字を出していましたが、2009年の決算では大幅な赤字決算になってしまいます。会社の規模も縮小する方向に向かいましたが、それでも状況は好転せず2010年度の決算も赤字になる見通しです。7年間続けていたレンタルボックス・ハ○ウリも、残念ながら年末で閉店する決断をしました。赤字の半分以上がこのハ○ウリであることを考えると、致し方ありません。いや、その決断も遅すぎて、傷を深める結果になってしまいました。

 当初は受託業務が中心でしたが、いつか自社企画を中心にする会社にしたい、そう考えていました。会社設立から数十の企画を立ち上げては失敗を繰り返してきました。現時点で、採算に乗っている事業はブログランキングのサービスくらいで、残りは本当に売上すらないようなものばかりです。アイデア自体は決して悪くないのですが、軌道に乗せることが本当に下手で、さらに収益化のセンスが酷いことが全てでしょうね、、、。

 ああ、なんだか書いてたら辛くなってきたよ。

 そうそう、それでも10年目に会社が突入できたのは、力を貸してくれたスタッフのおかげです。私自身の会社経営手腕が稚拙で、本当にスタッフには失望させてしまうことが多かったと思います。本当にありがとうございました。これからも、機会があれば力を貸して下さい。


 さてと、そんな懺悔のオンパレードのエントリーを書くつもりじゃなかった、10年目の第○企画がどんな方向に進むのかを書かないと。

 10年目ですか、、、正直、ハ○ウリの閉店が最初の仕事であり、本当に辛い仕事になりそうです。そして、ハ○ウリは閉店してしまいますが、跡地を利用して新しいビジネスを考えています。この件に関しては、もう少し時間を下さい。
 それ以外では、現在受託している事業の大幅縮小に伴い、会社をミニマムまで縮小する予定です。色々抗いたいことは多いのですが、頭の中をリセットするためにも一旦限界まで事業規模を縮小します。
 あと、これまで社内で増加していたサーバーインフラを縮小する方向で考えています。1年間かけて、少しずつVPS等のサービスに移行したいと考えています。私自身がサーバエンジニアなので、最もコストパフォーマンスが良い方法として、社内にサーバーを設置しBフレッツで回線を繋いでいましたが、ここ数年の外部サービスにおけるコストパフォーマンスの改善に伴い、社外に置いた方が割安になるパターンが多くなってきたことが主な理由ですね。

 会社の規模を縮小することで、ある程度まとまった時間を取ることが出来るので、今後自分が本当にやりたい仕事はなんなのかを考える予定です。今の時点で、一つ事業にしたいアイデアがあるので、それを実際に実行に移すことが出来るかどうか、その検証とさらなるアイデアのブラッシュアップを図りたいと思います。

---

 私は、来年の2月で36歳になります。インターネットに関する事業は本当に好きだし、ずっと続けていきたいと思っていますが、この世界に入った10年前に比べると一般的なビジネスになってきたと考えています。一般的になってきたからやめるというわけではないのですが、インターネットのインフラが中心ではなく、それを活用したビジネスを行いたいと考えています。

 元々40歳になったら、区議会議員や市議会議員などの地方議員をやりたいというプランがありました。これまでのインターネットに関するビジネスの経験を、議員として生かせるのではないか。自分たちの住む街に様々な形で還元できるのではないか、そう考えていました。
 2・3年間ほどそのつもりで色々と考えていたのですが、どうにもしっくり来ないと考えるようになってきました。というのも、地方議員はその地方というか自治体の範囲内での活動に限られます。もう少し広いエリア、いや日本という国になにかを還元するための活動するためには、国会議員にならなければなりませんが、どう考えても今から国会議員になることが出来るとは思えません。また、国会議員では自分がやりたいと考えている地域活性化などを手がけることが出来ない、というよりは、それ以外の事に時間をが取られてしまい、ちょっと違うのではないかと考えています。

 では、自分は何をしたいのだろうか、どんなことを仕事としてやるべきなのだろうか。まだ、確信はしていないのですが、ビジネスとして、そして自分がやるべきである日本という国に何かを還元できる事業のアイデアが生まれました。先ほども書きましたが、10年目の今年はそのアイデアをカタチにするために動きたいと考えています。
 その事業のアイデアについては、また別のエントリーで書きたいと思います。

 派手さに欠ける10年目の第○企画になりそうですが、引き続きよろしくお願い申し上げます。





投稿者 ymkx : 2010年10月26日 16:33 |