« 2011-01-01 | メイン | うーん、フォースインディアのリザーブじゃぁねぇ »

2011年1月 2日

確かに、エンジンに足を引っ張られたよなぁ、ヴェッテル

カテゴリ:Formula 1
S.ベッテル(レッドブル)、「来季はマシン信頼性の向上が必須」 [FMotorsports F1]
今シーズン、みごと史上最年少で念願のF1チャンピオンに輝いたレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル(23歳:ドイツ)だが、「来シーズンはマシン信頼性の向上が必須」と、早くも2年連続のタイトル獲得に強い意欲をみせている。

 ちゃんと振り返っていないけど、エンジン絡みで足を引っ張られたイメージが強いよね、ヴェッテル。なんか、よく分からないクラッシュみたいなのもあるけど、マシン事態の信頼性の問題は確かにあるよな。

 ただ、今期はKERS次第だと思う。ニューエイはそっち専門じゃないから、どういうマシンが出来てくるのか興味深いね。その流れで考えると、信頼性については結構厳しいような気もするんだけどなぁ。速いマシンに速いドライバーというのは変わらないだろうから、確かに信頼性に一番注力しないといけないだろうね。





投稿者 ymkx : 2011年1月 2日 11:12 |