« HRTの本拠地ってドイツだったのか | メイン | 工業扇の風量が半端無い »

2011年7月 6日

improper command pipelining after MAIL from xxx

カテゴリ:xymon

xymonでSMTPをチェックしてると、maillogにこんなログが記録されているのに気づいた。

Jul 6 06:56:05 xxx postfix/smtpd[xxxxx]: improper command pipelining after MAIL from xxx

んー、読んで字のごとくでimproper commandをxymonが投げちゃっているんだよね。無視しててもいいんだけど、ログにこういうのが出ること自体ちょっとほっておけない正確なので(A型)、xymonの設定をいじってみることにした。

 設定をいじってみるとは言っても、何をどうしたらいいのかわからないので、とりあえずGoogle先生に頼ってみる。残念ながら日本語の情報は全く存在していないので、英語の情報を中心に調べていく。xymonの投げるコマンドがイマイチだという事が判明。解決策として、smtpチェックの時に使っているコマンドを定義しているprotocols.cfgの該当部分を下記に書き換えてみたら、うまくいきました。

[smtp]
send "mail\r\n"
expect "503"
send "quit\r\n"
expect "220"
options banner
port 25

なんか、いろいろいじっていたのでここだけで直ったのか自信ないけど、とりあえずこの作業は必要だったと思われ。この手のプロトコルを直接話すのは、全然経験値がないのでもうちょっと自力で何とかできるようになりたいなぁ。





投稿者 ymkx : 2011年7月 6日 17:06 |