« ザウバーにトラブルさえなければ、、、 | メイン | ペレスがフェラーリをテストへ »

2011年9月14日

ああ、ホンダが撤退していなければ、、、

カテゴリ:F1 2011
ロス・ブラウン、「Wディフューザーは日本人の発案」 [FMotorsports F1]
2009年シーズン、ブラウン・グランプリ(前ホンダ・チーム)を率い、みごとシリーズ・チャンピオンを獲得したロス・ブラウン氏(現メルセデスGP)は、当時を振り返り勝利のアドバンテージとなったWディフューザーについて、日本人エンジニアの発案であったことを明らかにした。

 今でも本当に悔しいんだけど、ホンダが撤退していなかったら2009年にホンダはチャンピオンを獲得していたのかなぁ、、、。こうやって、ロスブラウンが語っているのを見ると、ホントに残念でならないんだよね。

 ただ、エンジンとしてメルセデスエンジンを搭載した影響も大きい。ホンダエンジンのままでは、チャンピオンは難しかったのかもしれない。あんまり影響は無いかもしれないけど、チーム首脳が替わったこともプラスに働いたのかもしれない。もう、今から考えても仕方がないんだけど、やっぱりもう一年続けて貰いたかったなぁ、、、。

 2014年、新エンジン規定で是非ともホンダには復帰して貰いたいなぁ。エンジンサプライヤーとしてで構わないから、是非ともF1戻ってきて貰いたいぜ! 





投稿者 ymkx : 2011年9月14日 18:00 |