« ペレスがフェラーリをテストへ | メイン | 新企画を始めますよ »

2011年9月15日

ルノーはエンジンサプライヤーとして自信を深める

カテゴリ:F1 2011
ルノー・スポール、さらなるエンジン供給の可能性示す [FMotorsports F1]
すでにレッドブル・レーシングとの間で2016年末までのエンジン供給契約延長を発表したルノー・スポールは、これまでのルノー・チーム&チーム・ロータスに加え、続いて来季からウィリアムズ・チームにもエンジン供給をすることが決まっているが、今後さらなる供給拡大にも意欲をみせていることがわかった。

 エンジンサプライヤーとして2年連続チャンピオンがほぼ手中に収まる事を考えれば、ルノーは十分成功していると言えるだろうね。

 チームについてはもはや手放してしまったにも等しいけど、エンジンサプライヤーとしてレッドブルに供給を続けていれば、チャンピオン争いは堅いだろうし、来年からはかつて共に最強伝説を創り上げたウィリアムズにも供給を開始。もう、それだけで十分だろうな。

 来年はレッドブル、ウィリアムズ、ロータスルノーGP、チームロータスの4チームは確定で、さらにHRTにも供給が噂されているとか。って、コスワース涙目だな、、、まあ、しょうがないよねルノーに比べて安いのかもしれないけど、最下位争いを続けても意味がないからなぁ。

 あと、KERSについてはどうなんだろう。確定的な情報ではないけど、日産が開発に関与している噂は度々出てて、それなりに進化してるのかな。その辺りも含めての供給で考えると、かなりイイ線行ってるのかもしれないなぁ。まずは、来年ウィリアムズがどのくらいの速さを出してくるのか、期待したいですね。





投稿者 ymkx : 2011年9月15日 13:00 |