« WordPress 4.1 "Dinah" リリース | メイン | アロンソ、マクラーレン・ホンダ最初のレース2015年開幕戦欠場 »

2014年12月25日

落合貴之、初登院

カテゴリ:政治関連

前回、落合貴之という人物について書いたのは2014年12月13日、そう、衆議院選挙投票前日だった。今だからこそ書いてしまうが、正直、彼が今日衆議院議員として国会の場に立つとは考えてもいなかった。でも、彼はあの選挙で小選挙区で負けはしたものの比例区で当選を決め、念願の国会議員となったのだ。

時間を少し戻そう、あのブログを書いた翌日に。

なんだか、あの日はよく寝れた。そして、家族全員の準備が整い、すぐ近くにある中学校に投票に行った。うそだ、なんか子どもが大荒れで、なかなか投票にいけない。そして、こんなツイートをしていた。

、、、とにもかくにも、荒れる子どもをなだめて、今度こそ近くにある中学校に向かった。

投票はあっけない。でも、確実に自分の1票が投じられた。俺が今日できることはそれだけ、それでいい、それでいいんだ。

この日は普通の日曜日と同じく、子供を連れてお出かけ。いつもどおりの日曜日を過ごした。晩御飯を作りみんなで食べ、いつもならお風呂にはいるところだけど、俺は三軒茶屋に向かった。そう、落合貴之の事務所へ。

---

三軒茶屋、、、と言うよりは太子堂、しかも限りなく代沢十字路に近い場所にある、落合貴之の事務所は、ボロい。彼が何度となく選挙戦で口にしていたが、彼には無駄なお金を遣う余裕が無かった。事務所も最低限の機能を備えるだけの物件だった。でも、この事務所で俺は選挙戦初日に証紙張りの作業をした。ボランティアスタッフの方、地方議員の方とともに一緒に作業をした。その場所で、開票の状況を見守る。当然だけど、人生ではじめての経験だ。

テレビで何度となく観ていた開票状況を見守る選挙事務所のそれではなく、落合貴之の事務所は独特な空気が流れていた。そして、その空気の中に落合貴之本人もいた。え? 候補者って結果が決まってから出てくるんじゃないの? いえいえ、それが落合貴之なんです。

実は小選挙区での落選はかなり早いタイミングで出ていた。でも、そのことをみんなちゃんと受け止め、そこからが本当の戦いだとわかっていた。前回の、2年前の衆院選では明け方までもつれ込み比例区の敗戦の報をうけた。ただ、今回は違う。あの場にいた誰もが、絶対的な確信を持っていた。そして、自分自身もその確信に至る兆しを掴んでいた。

東京選挙区で維新は比例2議席の獲得が予想されていた。この時点で、小選挙区で唯一通る可能性があったのは、東京都第15区の柿沢未途候補。とにかく、彼の状況が落合貴之に大きな影響をおよぼすことは誰もが理解していた。そして、東京都の他の維新の候補者との惜敗率の争い。どちらも開票状況が進まないことには、何もわからない。選挙事務所ではテレビの開票速報に固唾を呑んでいたが、自分としては居ても立ってもいられない。スマホで各新聞社の開票速報をチェックしまくる。惜敗率的にはトップに近い場所にいる。うん、これで、柿沢さんが通れば落合貴之が国会議員になれるんだ! 柿沢さんの小選挙区での勝利を祈りつつ、落合貴之の小選挙区での得票の伸びを信じた、そう、あの場にいたみんなが今回の選挙戦での自分自身と落合貴之の可能性を信じていたはずだ。

このツイートをしたタイミングがよくわからないけど、たぶん、柿沢さんの小選挙区優勢が伝えられたタイミングだと思う。この時点で落合貴之の惜敗率はダントツでナンバーワンだった。そりゃ、盛り上がるだろ。新聞の速報のほうがテレビよりも早いことを知った俺は、新聞の開票速報サイトをリロードしまくった、バッテリー残量は10%を切っていた、、、。

一発目の当確が出て、それを事務所のみんなに伝える。緊張感が高まる、程なくして、朝日の当確も出た。そして、その瞬間がきた。

もう、これしかツイートできなかった。感無量すぎで何もできなかった。あ、写真は撮ってたか、ブレブレでよくわからないけどね、、、あ、やーめた、この写真、ってか画はあの場にいたみんなだけにとどめておくべきだわ。

とにも、かくにも、落合貴之は国会議員になるための信任を得るに至ったわけです。あー、今でも思い出すよあの瞬間。とにかく、ボランティアスタッフのみんなの喜びがすごかった。俺なんか2週間しか関わっていなかったけど、4年近く支援し続けた人たちがいたわけだからね、、、。俺がその場にいることができたのは本当に幸せでした。

結果的に維新東京ブロックでは比例1位。小選挙区では2万票以上つけられましたが、元総理や大臣が連日駆けつけた候補を相手にしてはかなりいい得票を得たのではないでしょうか。

---

初登院前日、俺は落合貴之を一目見るべく、世田谷線松原駅に向かった。色々あって、到着がかなりぎりぎりになったけど、彼は相変わらず街なかでいろいろな人の話を聞いていた。そして、駅に向かって歩いていた彼に声をかける、なんだか今から国会に行かなきゃいけないとか。彼は2両編成の世田谷線に乗り、国家の中心地に向かいました。

そんな、落合貴之が2014年12月24日、国会議員として国会議事堂に足を踏み入れた。ここからだ、彼の国会議員としての人生が始まる。4年間あるんだか無いんだかよくわからない任期だけど、彼はやりきってくれると思う。街頭演説で何度となく訴えていた、あのことをなし得るための第一歩を歩み始める。

さー、楽しくなってきたぞ、日本の政治。落合貴之を送り込むことに成功したからこそ、これからの日本の政治に期待しようじゃないか、信じようじゃないか。すぐには変わらない、じっくりじっくり、そうそう、時間がかかるんだよ時間をかけなきゃいけないんだよ、政治ってもんは。わかってるか? 総理大臣の中の人よ!

083.JPG





投稿者 ymkx : 2014年12月25日 01:09 |