ピレリの実走テスト終了

 ピレリタイヤを装着してのテストが無事終了したようです。ブリヂストンに比較して2秒落ちですか、そうですか。

ピレリタイヤ最初のテストはマッサ(フェラーリ)最速(11/19) [FMotorsports F1]
若手ドライバーのものから1日のインターバルを置き、19日(金)始められた初のピレリタイヤによるF1テストは、フェラーリのマッサがトップタイムを記録したが、そのタイムは新人ダニエル・リチャルドがブリヂストンタイヤで記録したものと比べ、2.068秒遅いものだった。
ピレリテスト2日目はアロンソ(フェラーリ)最速(11/20) [FMotorsports F1]
20日(土)、第2日目となったピレリタイヤによるF1合同テストは、今度はアロンソがトップタイム、2日連続してフェラーリが最速となった。ただアロンソのタイムは前日のものより0.3秒ほど遅れるもの。

まー、このテストで記録したタイムってのはほとんど意味が無くて、完全に来年のマシンのデータ取りって考えるべきですよね。正直、5秒落ちくらいになるんじゃないかとか思っていたのですが、意外といい性能が出てますね。ヴェッテルのタイヤで色々問題が起きてますが、レッドブル側からのコメントがないので何とも言えないなぁ。

ピレリ、ベッテルのタイヤトラブルは「デブリのせい」 [FMotorsports F1]
ポール・ヘンベリー(ピレリタイヤ モータースポーツ部門ディレクター):確かにベッテルのタイヤにはすでに摩耗の兆候がみられていたが、それがトラブルの原因とは考えていない。
これまでトヨタのマシン(TF109)を使ったテストでもこの程度の摩耗を体験しているが、それによるトラブルというのはまったく発生したことはなかったからね。

なんか、浜島さんと全然違う雰囲気だなぁ。浜島さんも自分のタイヤに自信は持ってたけど、どちらかというとミシュランのデュパスキエのコメントみたいだ。

「初テストは大成功」と、ピレリ首脳自信みせる [FMotorsports F1]
ポール・ヘンベリー(ピレリタイヤ モータースポーツ部門ディレクター):今回のテスト結果を分析し、われわれのテストドライバーであるデ・ラ・ロサの手によりさらに4日間のテストを行い、来シーズン使用する4つの仕様の開発にあたることになっている。
全体われわれにはまだまだやるべき仕事があるが、来年の3月バーレーン・サーキットに最高のタイヤを持ち込むことを約束するよ

 ピレリも今回のデーターを持ち帰って、さらにタイヤの作り込みを進めるのでしょう。素晴らしいタイヤを期待します。