2007年3月26日

Ram Rider - Kimi ga suki (きみがすき)

 やったー、ついに見ることができたぜ~。AIRのイベントで観て以来、気になってたPV。ふーん、そんな展開だったんだ~。それにしても、この女のコ、フツーにかわいいなぁ(演技力は置いておいて)。下北には、居そうで居ない、実のところ(もっちょ、ちっさいコが多い)。

 この手の歩く系のPVってビートとの絡みがポイントだったり。なんか、全然合ってないんだけど、不思議と気にならないのはなぜだ。

投稿者 ymkx : 19:08 |

2007年2月25日

あああああーーー

たいへん。4月4日のチャットモンチーが出演するイベントのチケットがソッコーそーるどあうとしてるじゃんか。くそー、くそー、くそー。おまえらより楽しむ自信がある、おまえらより100倍楽しむ自信がある。おねげーだから譲って蹴れ。くれ。そして、お前ら全員氏ね。

くそー、逃げてやる!

投稿者 ymkx : 12:33 |

2007年2月 2日

佐々木ゆうこ

 仕事の資料を整理していたら昔のCDがたんまり出てきた。

 で、その中で気になった(変だな表現が)のが佐々木ゆうこのアルバム。うげー、なつかしー。大学時代に買ったのじゃない? アサヤンかなんかで出てきたんだけど、当時スゴイはまっててめちゃくちゃ聞いていたなぁ、とか。

 で、早速iPodに移動させて聞いている次第。彼女、今は何をしてるのだろうか? そういえば、アミューズかどっかに仕事で行ったときに、「アーティストとしてはいいんですけどねー、売り上げが、、、」とか関係者が言っていたなぁ。

投稿者 ymkx : 16:46 |

2007年1月12日

チャットモンチー

 元旦のJAPAN COUNTDOWN 06/07でナイスアクトを演じていたチャットモンチーのことが急激に気になって、昼休みに近場のCD屋でアルバムを買ってきた。一番新しいシングルのシャングリラはそんなに反応していなかったわけですが、アルバムの1曲目はすげーね、すさまじいね。くるりみたい、いやいや全然違うけど。

 とりあえず、Vo.のヴィジュアルにヤラれたことは事実なのですが(この手のコには必ずヤラれる)、やっぱ曲も声もすばらしいよホントに。先行予約中だった4月のAXのライブチケットを勢いで買ってしまうくらいの衝撃です。ああ、誰かを見習って2日間通おうかのぉ。この歳で一人でAXに入るってのは勇気がいるなぁ...。

 というわけで、今日だけで5回近くアルバムを回しました。この後も2回ほど回す予定だなぁ、これは。

投稿者 ymkx : 19:04 |

2005年7月 6日

t.A.T.u.活動再開ですか

 ここのところ全く話題に上がっていませんでしたが、活動再開だそうです。なんか、マネージャをクビにしてでもユニット名の権利がマネージャにあって、改名しなきゃとかだったのに、そのままなのですな。ちなみに、東京ドームのライブに行きましたぜ。待たされまくりでしたけど、面白かったけどなぁー。なんか、全てがエンターテインメントなんだっ!て思わないと気持ちよくみてられませんぜダンナ。

 日本で先行発売ということは、日本で売れてたってことかなぁ。しかし、タイトルの「Dangerous and Moving」ってなんじゃい。まー、曲を聴いてイカしてたら買うんだろうなぁ。

投稿者 ymkx : 23:48 |

2005年6月15日

RONNIE ROCKET Produce 2×9(弐重苦)公演「青春の砂鉄」

 高校時代の後輩が下北沢でお芝居に出るようなので宣伝してしまえ。
---
RONNIE ROCKET Produce 2×9(弐重苦)公演「青春の砂鉄」作・演出 高多康一郎
下北沢OFFOFFシアター
2005年6月15日(水)~19日(日)
ダブルキャストになってて、僕が出演するのは
6/16(木) 19:30
6/17(金) 14:00
6/18(土) 19:30
6/19(日) 14:00
の4ステージです。
予約・前売 2,500円 当日 2,700円
お問い合わせ先  080-5699-8770(平野)
詳細は→http://ronnierocket.main.jp/
---
なんだか、どんなお芝居なのかチンプンカンプンですが、明日見に行ってきます。ぐはー。その、後輩のブログはこちら。ちなみに、高校時代の部活の後輩なんですが只者じゃ有りません。所属劇団は拙者ムニエル

 去年はブログで見かけた劇団の舞台を見に行ったりしたんだけど、ことしもたくさんの舞台を見に行きたいです。あー、ライブにも行きたい~、じじぃだからクラブでオールで2時からミニライブとかは勘弁してくれぇ。webとか窒息死するぞ...。

投稿者 ymkx : 11:38 |

2005年5月18日

little by littleのPV

 この前YUKIのPV JOYにアホみたいにはまってたわけですが(結果、腰を痛める...)、こんどはlittle by littleのPV シンクロにはまっています。これまた不思議なPVなんだよね~、食パン芸はちょっと感動します。でもって、それよりなりより、このボーカルhdieco嬢のアン○ロイド系ぶりが伺えて楽しいです。これって、本人云々じゃなくってプロモーション戦略の一環なのね。hideco嬢のブログ自身の写真がのってますが、フツーの女のコでしたガックシ(なんでや)。

 PVが100円とかで買える(期間限定)のはとてもうれしいんだけど、MORRICHってちょっと動きがとろくてむかつくんだよなぁ。認証過程で色々やってるからってのはわかるんだけど、ちょっとメンドクサイ。しかし、ここまで完成度の高いアプリケーションを作れるってのは、ある意味同じ業界で政策に関わっている人間としては心強かったりもする。でもって、もっと嫌なのはPVを見終わったあとに勝手に他のPVとか宣伝が流れ始めちゃうこと。これ、絶対にヤダ。もー、ビークルなんてながすなー! あ、SSK氏大絶賛のDEPAPEPEも流れてる、げ、すでにSonyの戦略にはまってるじゃないか、まんまとですよまんまと。

投稿者 ymkx : 11:02 |

2005年5月 4日

little by little

 前からlivedoorのtopページにバナーが出ていて気になっていたんですが、livedoorの特設サイトを見て視聴をしたらば、まんまとはまってしまった。はまったって言うか、このシンクロって曲にだけなんですけどね。なんだろ、曲っていっても特段特徴があるわけじゃない、下手すると曲はよくありがちな感じなんだけど、やっぱこのvoの声にうまく乗っかった曲にやられちゃったのかも。なんか、このジャケットの写真(特設サイトトップページの写真)とか、なんか機械っぽい(??)じゃないですか。ダメなんですよ、こういうの、capsuleのvoの人も機械っぽいじゃないですか、近未来的。中性的って言うか、おい、コイツ何歳なんだ? みたいな。で、livedoorだからそりゃブログも書かせるわってな感じでブログも読んでみたんだけど、全然機械っぽくないの(は?)、当たり前なんだけど。しかし、なぜ三重?
 なんか、昔ちょっとだけ注目していたインディーズのコに似ていたのでチェックしてみたけど別人だった。SONY系列だったからなー、今はどうしてるんだろ彼女? そうそう、昔はインディーズおっかけまくりでした。いつぞやの日経産業新聞には「インディーズアーティストを支援できるサイトを創りたい」とか恥ずかしいことが載ってたし...。

 で、超ヘビーローテーション中です、J-Waveにリクエストしまくってやれ。お、それはそうとSonyの音楽配信サービス最悪。昨日のJOYのPVは滞りなかったんだけど、今回の曲のダウンロードは大変でした。Cookieの使い方が傍若無人で、結局無制限OKにしないとダウンロードできないですぜ。「ライセンスの取得に失敗しました」とかで最後の最後までエラーがでまくり、アホちゃうか? そんなことしてるから、いつまでたっても後姿が見えてこないんですぜ、ipodの後姿。

 本人にトラバを打ってみようかと思ったけど、「機械じゃない」といわれること必至なので控えておきます。俺、失礼だなぁ、ホントに。

投稿者 ymkx : 04:23 |

2005年4月 8日

'64-'95

050408_0214~01.jpg

 最近のお気に入りCD第二弾、Lemon Jellyの'64-'95、ってどんなアルバムタイトルや。Lemon Jellyは前のアルバムLost Horizonsで目茶苦茶はまったんですが、今回の作品もはまったかも。もー、この前の来日ライブに行かなかったことを本気で後悔してます。

 ちなみに、Lost HorizonsではNice Weather For Ducksに猛烈にはまっちまいました。「All the Ducks are swimming in the water, LaLaLaLa Laa Laa LaLaLaLa Laa Laa... 」っすよ、なんじゃそりゃ、そりゃ泳ぐだろ~ウッキウキ。ちなみにEPSONのCMで靴の箱に写真を貼ってあら便利って感じの曲で使われてまっせ。

 で、今回のアルバムですが、聞き始めの頃はちょっと一人で夜中に真っ暗のオフィスで聞いてると怖くなりました。アルバムのジャケットのデザインも猛烈に怖いです...。でも、慣れてくると異常なハイテンションに入っちゃう催眠musicの数々。その中でも一番を挙げるとすれば、'93 AKA Don't Stop Nowでしょうか。なんか、だんだん明るくなってきます、混沌の中からの脱出です。大学時代の友人の大和君に是非とも聴いてもらいたい、いや既に聴いてるだろうなぁ~。

投稿者 ymkx : 02:17 |

2004年11月14日

Z団旗揚げ公演【悪鬼の如く】

 livedoor blogでblogを見かけてから微妙に気になってたZ団なる劇団の旗揚げ公演【悪鬼の如く】を観に行ってまいりました。

 スペース107とモリエールを勘違いしてて、焦りまくり。携帯で住所を調べてlivedoor MAPで地図を出して無事到着。マチネとは言え最終日なんで満員。結局、階段に座っての観劇でした。

 間に休憩を挟んで二時間超の作品でしたが、結構あっという間という感じでした。源義経が追われる話で、主役は弁慶。うっすらと史実自体は記憶にあったのですが、役者が演じるとまた全然違う感覚ですね。
 で、肝心の感想ですが、途中から完全に芝居に引き込まれちゃって、猛烈に感動しました。弁慶が平泉にて最後に大暴れするシーンから天に召されるラストまでは、正直言葉に言い表せないほどの熱いものを感じました。っていうか、密かに泣けてたりなんっすけど...。
 ちなみに、気になった役者は弁慶の弟子(?)市丸役の山田麻衣子さん(アンケートに川上麻衣子さんと書いてしまいました失敬)、はまり役でした、かわういです。もちろん市丸以外もみんなはまり役だったのですが、芝居全体で見ると役者の完成度にばらつきがあった感じがします。ばらつきがあったというか、まだ旗揚げ公演なので一体感が無い部分もあったということでしょうか。でも、全体的には満足なお芝居でした。今までに見た同じ規模の芝居に比べてお金がかかってそうな印象があったのは何でだろう?

---

 今回の件でblogの更なる可能性を見てしまった気がします。演劇の本とか広告とかそんなのじゃなくって、livedoor blogのトップページにアップされたモブログからであった今回の劇団。以降、ちょくちょくblog見ていただけで、実際に芝居を観に行くまで至ったのにはちゃんとわけがあると思います。
 私はライブでも芝居でも、気になったら行って自分の目で耳で確かめるというアクティブな面があるからということもありますが、そこに至るまでにblogが果たした役割は本当に大きかったといえます。別に芝居の内容とかに深く切り込んでるわけでもなく、何か芝居に対して熱く語ってるわけでもない。ホントに、芝居とは無関係な日常的な話とかが中心で、徐々に練習風景などが書き込まれるといった展開です。でも、そのくらいだからか親近感が沸いて自然とblogをチェックできたんだと思います。エントリごとが重かったり(しっかりとした内容)してたら、途中で見なくなっちゃったかも。1分くらいで簡単にチェックできたから見続けることができたのでしょうか。
 あ、そうそう、blogでイメージしていた人物像と芝居の中での役者の雰囲気に差があって、それはそれで面白かったー。特に、玉虫役の川上藍子さん、もっと強烈に激しい雰囲気をイメージしちゃってましたが、本物(?)はイイ女的でした...。役もよくわからずに観てたからねぇ。あ、あと、『男前』と何度と無く出ていた真山さんはめちゃくちゃ綺麗な人だった...。あー、そんなこと書き始めるとどの人もblog内でのイメージとはかけ離れてた...。う、え、江戸さんだけはイメージのままだったかも、とか。でも、皆さんカッコよくって綺麗でニヤリでした。

 どちらにしてもblogが果たす役割に関して新たな側面を感じることができました。もー、今後プロデュースするWebサイトには全部blogが絡んでくるんだろうなぁー。

 最後に、お疲れ様でしたZ団関係者の皆様。今ちょうど、ラストの芝居中ですね。次回も行きます。でもって、blogを始めたきっかけの方に感謝。アンドlivedoor blogにも感謝。

Z団blog
▼Z団を知ったきっかけエントリ
おやつー!@Z団ブログ!

投稿者 ymkx : 17:49 |