2007年1月19日

藤田憲一君を偲ぶ会

 藤田憲一君を偲ぶ会が開催されるとのこと。昨年の私の中では非常に大きな出来事(後のブログ更新停止とかmixi離れの主たる要因、そのことはまた後ほど)だっただけに、参加するかどうか悩んだけど、今の自分のこととこれからの自分のことを考えると、やはり参加しなくてはいけないものだと認識しました。

 藤田さんの想いを少しでも感じた方は是非ともご参加ください。

投稿者 ymkx : 11:00 |

2006年10月15日

さようなら、藤田さん

 今、藤田さんのお見送りから帰ってきた。なんだか脱力だ。これで藤田さんにお目にかかることが出来ないと思うと、言葉では言い表せない感情が押し寄せてきます。

 ありがとう藤田さん、本当に、本当にお疲れ様でした。

 藤田さんと直接コミュニケーションした時間はものすごく短い。でも、その短い時間の中で藤田さんが考えていた、そして実現したいと考えていたことは伺っていた。ものすごく難しいことも多い。それらを実現すべく、私がどこまで出来るか全くわからない。でも、藤田さんが命を賭けて挑んできたことでもある。まずはゆっくりと考えよう。

 やはり、このブログはしばらくお休みします。ゆっくりと考えよう。

 最後にもう一度、さようなら、藤田さん。

投稿者 ymkx : 13:10 |

2006年10月13日

藤田憲一さんのご冥福をお祈り申し上げます

藤田さんがお亡くなりになったと、mixiのコミュで知った。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1045964
ついこの前、鈴鹿で会ったばかりだったので衝撃だった。

---

それほど長いつきあいではなかったけど、いろいろな意味ですごい人だった。最後に鈴鹿でF1が見ることができてよかった。自分にとって最も重要なものである、F1観戦できなくなるリスク、それを背負ってまで藤田さんにチケットを貸した甲斐があった。

最後に藤田さんとお話ししたのは10月6日。木曜日分ということでお貸ししていたF1観戦券を返してもらった時でした。体調がすぐれないのは見ただけでわかっただけに、別れ際に握手をしたときの力強さに驚きました。金曜日以降のチケットは手配できたとのことで、また夜にでも落ち合おう、そんな感じで別れました。

そして、最後に藤田さんを見かけたのは10月7日鈴鹿の土曜日のこと。車いすの方向けの駐車場で見かけました。とりあえず、この駐車場に止めることができたのなら問題なく観戦できているのだろうな。そう思って、そのときは声をかけなかったのですが、それが最後のお姿だったということになります...。

藤田さんとのお付き合いはとても短いものでしたが、同じ経営者の先輩として、そして一人の人間としていろいろなことを学ばせていただきました。

本当にありがとうございました、そしてお疲れ様でした。

ちょっと、まだ考えがまとまらないけど、藤田さんの残したものをなんとしてでも生かしたい...。できる限り、可能な限り...。

投稿者 ymkx : 15:11 |

2006年6月28日

藤田さんの本、プレゼントいたします

 あ、例の藤田さんの末期ガンになったIT社長からの手紙うちの会社に4冊ばかりありますので欲しい方は御連絡くださいませ(連絡先がわからない方はコメントにメールアドレスを添えて)(終了しました)。読んでくださいませ。そして、最後の事業計画にご参画くださいませ。

投稿者 ymkx : 21:47 |

藤田さん、スタ☆メンに登場、そして私ができること

 『末期ガンになったIT社長からの手紙』の藤田さんが、日曜日の夜のテレビ番組『スタ☆メン』に出ていた。で、本人もそのことを書いているのですが、反響がすごいようです。
 現在の状況を考えれば、仕事なんてしてる場合ではないはずなのですが、どんどん仕事をこなしている姿にちょっと衝撃を覚えました。

 実は、先週の某日に藤田さんにお会いしました。メールをお送りしたら、じゃあとりあえず会いましょうよという感じで、本当にお忙しい中でしたが30分ほど私が藤田さんにできることをお話させていただきました。結果として、ひとりでも多くの人たちに藤田さんの『末期ガンになったIT社長からの手紙』を読み最終計画への参加を促すべくうちのブログランキングサイトで取り上げましょうということ。で、早速昨日からそのサイトで藤田さんのことについて大きく扱い始めました。

投稿者 ymkx : 08:12 |

2006年6月14日

病気とたたかう社長のblog公開

 この前取り上げた末期ガンになったIT社長からの手紙の著者、藤田憲一氏の3つ子のブログの3つめが公開されました。

病気とたたかう社長のblog

他のブログに比べて立ち上がりが遅れていたのでヒヤッとしたのですが、大丈夫でしたね。もー、なんとしてもこの人を死なせるわけにはいかないのだよ。

 ちなみに、ちょっとこのブログの初エントリで実名ブログについて触れているので、そのことについて考えてみる。

闘病ブログは匿名ブログやフィクション名ブログが多いのですが、これを契機に実名ブログが増えていけばいいと思っています。 その理由は追って、お話していきたいと思います。

 闘病ブログに限っているのでなんとも言えないのですが、実名公開をすることで飛躍的にそのブログに対してアプローチしてくれる人が増えると考えられます。そのことがきっかけで、できなかったことができたりすることもあるだろうし、可能性は開ける気がします。

 ただ、逆に個人情報的なプライバシーの側面で問題が出る可能性も十分あります。そのリスクを考えると、実名公開はなかなか難しいといえる気もします。それだけに、藤田さんがどのような考えを語ってくれるか、興味があります。

トラックバック対象:
3つ子のブログのお誕生日@病気とたたかう社長のblog

投稿者 ymkx : 18:12 |

2006年6月10日

末期ガンになったIT社長からの手紙 藤田憲一著 幻冬社

 6月9日、池袋のジュンク堂書店と並んでよく訪れる中野にあるあおい書店に立ち寄った。主の目的は、某事業の進出を画策すべく某地域の情報を入手できる本を探しに行ったのだが、そこでどうしても気になる本を見つけてしまった。


末期ガンになったIT社長からの手紙 藤田憲一著 幻冬社

ビジネス書の棚にあったのであまり深いことを考えず、レジへと向かった。自宅に帰り、本来の目的だった本をめくっていたのだが、どうしても先ほど買った本が気になり、明日は6時半起きなのにもかかわらず、その本『末期ガンになったIT社長からの手紙』のページをめくった。

 正直、ショックだった。自分と代わらない世代の、規模は違うにしても私と同じ経営者に与えられた現実、そして、その現実を受け止め動き始めた事実。読み終わった瞬間、すぐさまノートPCを開き彼の情報を調べ始めた。彼がこれまでに行ってきた功績がある意味偉大だったため、意外にも私が求めていた彼についての情報にたどり着くには時間がかかった。それでも最終的に、彼が書いているであろうブログを見つけることができた。

銀座ではたらく社長のblog ~最後の事業計画~
毎日が最後の晩餐!天王洲に住んでる社長blog
病気と闘う社長のblog

 そして、彼のためにできること、私に何かできることはないかと思案した。

 私にできること。まずは今書いているこのブログのエントリを書くことが最初にできることだ。私のブログ自体は、大したアクセス数があるわけでもないのだが、それでも私のブログがきっかけになりこの書籍を知ることができる人が少なからずいるかもしれない。普段、読んだ本についての書評はほとんどしないのだが、それはほとんどの本が書評するまでのものではないからだ。私のブログを読んだ方にどうしても読んでもらいたいと思う本ではないのだ。しかし、この本は違う。私はこのブログを読んだ人全員に、この本をお勧めしたい。そして、この本の著者である藤田憲一氏の壮大な事業計画への参画を促したい。

 正直、プロローグに記されていた日付から2ヶ月近くの時間が過ぎており、宣告余命は過ぎていた。彼が、今生きているということを確認できほっとしている。そして、微力ながら彼の壮大な計画に参画し、後押ししたい、いや、しなければならないのだ。

 知ったからには、やるしかないだろう。

トラックバック対象:
銀座ではたらく社長blogの誕生日!@銀座ではたらく社長のblog ~最後の事業計画~
「天王洲に住んでる社長blog」のお誕生日@毎日が最後の晩餐!天王洲に住んでる社長blog

=====================[ 2006.10.05追記 ]=====================
 全く更新ができていない状況の中、極めて、私的なお願いで申し訳ございませんが、重要なお願いを記載させていただきます。

 私の知り合いのある方が、鈴鹿でのF1観戦チケットを求めております。その方は、メディアでも取り上げられている方でして、今回のF1観戦が彼にとって極めて重要な意味があるものであります。彼自身についてはこちらをご参照ください

 その彼が自信のブログでこのようなお願いを書き込んでおります。

極めてプライベートな一大決心!(共通内容) @病気とたたかう社長のblog

極めて限られた条件ではありますが、もし合致する方がいらっしゃいましたら御連絡いただければ幸いです。当ブログにコメントいただいてもかまいません。本当に、私的なお願いで恐縮ですがご協力いただけますようお願い申し上げます。

=====================[ 2006.10.13追記 ]=====================
藤田さんが12日にお亡くなりになられたと、mixiの公式コミュニティで知りました。まずは、ご冥福をお祈りいたします。ちなみに、藤田さんに最後にお会いしたのは先週の鈴鹿、F1日本グランプリでした

本当に、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。

投稿者 ymkx : 02:21 |