« モータースポーツジャパン | メイン | サントリー浮上 »

2008年10月 5日

ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」

カテゴリ:プレミアムモルツ

 9月27日(土)、サントリーの武蔵野ビール工場で行われたブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」に参加してきました。このイベントは、秋からリニューアルされる工場見学及びザ・プレミアム・モルツ講座に先駆けてのブロガー向けイベントです。

 武蔵野ビール工場は、JR武蔵野線・南武線の府中本町から徒歩10分程度、JR南武線・京王線の分倍河原駅からは無料シャトルバスが出ていて約5分です。無料シャトルバスに乗って行こうと思っていましたが、予想外に駅に早く着いてしまったので、私は分倍河原駅から徒歩で工場に向かいました、25分くらいですかね。なんというか、郊外ののんびりとした地域ですね、このあたりは。

 そして、中央自動車道のガードをくぐると工場が現れます。そういえば、中央自動車道を走ってるときに幾度となく見た建物ですね。

 守衛さんの居る門で手続きをして、工場内に入っていきます。おー、工場見学っていつ以来なんだろう? すごくビール香が漂う工場かと勝手にイメージしていましたがそんなことはありません。そして、セミナー会場の建物に到着です。

 この建物はリニューアルしたばかりでかなり新しい感じ。1Fには受付と、プレミアムモルツグッズを販売するコーナーがありました。

 ザ・プレミアム・モルツと言えば3年連続モンドセレクション最高金賞受賞ですよ、モンドセレクションというと米焼酎の鳥飼で知った賞でしたが、もはやザ・プレミアム・モルツに完全にその座を明け渡してしまいましたね。ちなみに、モンドセレクションってベルギーの組織が主催している賞なんですね(Wikipedia)。ベルギーとかドイツとか、強敵がひしめくなか日本のビールが受賞っていうのは本当にすごいことです。

 受付を済ませ、同じ建物の3Fに移動します。今日のイベント説明と、ブロガーイベントと言うこともあり参加ブロガーの皆さんの自己紹介やこの武蔵野ビール工場の横山工場長の挨拶、などを経て、「ザ・プレミアム・モルツ講座」がスタートします。

 ザ・プレミアム・モルツの誕生について。開発者の山本さんが単身ヨーロッパに渡り、帰国後に研究施設「ミニブルワリー」で試行錯誤を繰り返した結果、ザ・プレミアム・モルツが誕生。

 そして、山本さんが開発したザ・プレミアム・モルツを製品レベルにするべく、醸造技師の猪澤さんが素材の厳選、製造方法を追求。ここに、ザ・プレミアム・モルツが完成するわけです。

 ザ・プレミアム・モルツはもちろん素材にもこだわります。厳選した二条大麦により深いコクと旨みを、欧州産アロマホップの中でもさらに最高品質のハラタウホップ・ザーツホップをこれまでの2倍使用し良質な苦みと華やかな香りを、適度なミネラルが溶け込み品質の安定した深層地下水を使用し素材の旨みを引き出しています。

 ここで、その素材である麦とホップが登場。ホップはすごい香りを放っています。ホップ自体は鮮度の関係から、欧州でペレット化されたものを使用しているとのことです。

 一方、二条大麦に関しては是非食べてみて、とのことで試食。んー、香ばしい感じ、麦なんて食べたこと無いからうまく表現できませんが、これをおつまみにしてビールを飲む事もあるとか。確かに、合いそう。

 そして、最高の素材を引き出すためには、こだわりの製法が必要なわけです。深いコクと旨みを実現する『ダブルデコクション製法』、良質な苦みと華やかな香りを実現する『アロマリッチホッピング』、しっかりとしたコクと旨みを実現する『贅沢熟成』。これらの製法により、ザ・プレミアム・モルツが創り出されます。

 といったかんじで、講座は修了。いよいよ、工場内の見学が始まります。

【続く】


速報レポ:ブロガーイベント「ザ・プレミアム・モルツ講座」(武蔵野ビール工場)を開催中





投稿者 ymkx : 2008年10月 5日 12:00 |