« 2011 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX Practice 2 | メイン | 2011 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX Practice 3 »

2011年4月16日

中国GP可夢偉の決勝レース戦略は?

カテゴリ:2011 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX
小林可夢偉(ザウバー)、また2ストップ作戦狙う? [FMotorsports F1]
開幕戦オーストラリアGPではセルジオ・ペレスが1ストップで完走、2戦目のマレーシアGPでは小林可夢偉が2ストップ作戦で入賞するなど、ここまで「タイヤいたわり作戦」が功を奏しているザウバー・チームだが、今回も「3匹目のドジョウ」を狙っているようだ。

 んー、ちょっと初日のタイムを見てるだけでは何とも言えないですが、他チームが同じ作戦で来ても結果を出すには至っていないことを考えると、再びピット回数を減らしてきてもおかしくないですなー。

 可夢偉の動向を知る上ではF1 STINGERが最も詳細に情報を出してきていますね。

【中国GP(金)】安定してきたC30 [F1-STINGER]

フリー走行2回目の最終アタックなんかをみてると、ある程度のロングランを試している気がする。44秒台半ばでタイムを揃えているからねぇ。

 個人的にはスプリントの方が面白いから、ピットストップ回数が多い方がいいんだけど、現状ではずらしてくる作戦がいいんだろうな。可夢偉だからこそ出来る作戦なのかもしれないけど。そういう意味では開幕戦のペレスなんかも同じパターンなのでザウバーチームの作戦や車の特製も関係あるのかもしれないね。





投稿者 ymkx : 2011年4月16日 11:15 |