« 子どもがチャリンコに轢かれかけた | メイン | WordPress 4.1 "Dinah" リリース »

2014年12月13日

俺は『落合貴之』を国会に送りたい

カテゴリ:公職選挙法とインターネット

只今、2014年12月13日22:07です。安倍首相の突然の解散により、急遽行われた衆院選2014。俺はこの選挙は一大事だと思った。これまでも選挙は毎回投票しているし、選挙自体他人事とは思っていないけど、今回の選挙は自分だけではなく、自分の子どもにも大きく関わりがある、いや、関わりって言うか強制的に負わざるを得なくなる、そう考え動くことにした。そう、『落合貴之』を国会に送るための活動だ。

082.JPG

解散を表明し、安倍首相がTBSのNews23に出た。俺は彼が何を話すのかしっかりと観た。そして、絶望した。日本の首相がこのレベルか、、、俺らの現実をまったく異次元のことでしか考えていないのか。その絶望は怒りとなり、すぐに落合貴之のボランティアをやる決意をした。フォームからメッセージを送る、自分に何ができるのかわからない、落合貴之がどんな状況かもわからない。連絡は次の日に来た、落合貴之本人からの電話だ。

時間にして数分、俺は落合貴之と話をし自分ができることをすると心に決めた。翌日、落合貴之の事務所に行き、チラシを受け取る。選挙公示前に配ることができるチラシを俺は受け取り、仕事が終わった後にポスティングした。全ての行動に意味はある、そう信じ、俺はチラシをポスティングした。

その一方、俺は2001年からインターネット選挙運動の解禁を待ち望んでいた。前の参院選前にインターネット選挙運動が解禁され、インターネットを活用した選挙運動を行うことができた。自分がしたことは、自分が投票する候補についてツイートしたくらいだった。何をしたらいいのかよくわからなかった。でも、今回は最初から決めていた。俺が全力で支援したい人間を、実名でちゃんと支援する。ツイッターのアカウントを実名にして、選挙戦初日に自分が投票する『落合貴之』と一緒に撮った写真をアイコンにした。別にインターネット選挙運動は実名でしなくてはいけないわけではない、連絡先があれば十分だ。TwitterやFacebookはそのアカウント自体が連絡手段となり、実名を書く必要はない。でも、今回は実名で支援したかった。本気で支援したかった、それを示す手段は実名としたかった。

落合貴之と俺

ポスティングだけではなく、選挙ビラへの証紙貼りもした。電話はかけなかったけど、街頭演説でビラを手渡しもした。ただ、中心としてやりたかったのはインターネット選挙運動、Ustreamやツイキャスでの配信やYouTubeに街頭演説の動画アップだ。やれる範囲のことをやった。そう、今日のマイク納めの動画もさっきアップした。自分ができることはやりきった、今、俺は自信を持って言える。

さてと、なぜ『落合貴之』を支援したかったのか、その理由について書きたい。

俺が『落合貴之』を支援したかったのか、大きく分けると理由は2つだ。

一つ目、アベノミックスへの恐怖心。安倍首相は「アベノミックス」と称した積極的な経済政策、マクロ経済に直接的な影響を与える施策を行った。が、その影響は凄まじい変化を市場と社会に与えた。その変化を見て、俺は恐怖を覚えた。確実に間違ったら日本の未来が消え去るような、劇薬を投入したのだ。正直、2年間で結果がわかるものだとは思わなかったが、2014年に入ってからの変化は恐怖を覚えるだけだった。確実にこの施策は危険だ。いや、危険だけではなく、すでにアンコントローラブルな領域に入っている、そう感じた。円安、その影響は身をもって体験しなければわからなかった。もう、既に、みんな経験している、いくら何でも変化が早すぎた。円安はもちろん想定内だったはずだ。でも、こんなに副作用が強いとは思っていなかったはずだ。いやまて、もしこのような影響がある、副作用があるとわかっていて打った施策だとしたら、、、それはそれで、強烈な恐怖だろう。
とにかく、俺はアベノミックスがハイパーリスキーな劇薬だと感じた。そう、日本という国で原発を稼働させるくらいのリスキーな事実だと感じた。だから、止めたい。アベノミックスを止めたいんだ。

二つ目、行政改革。民主党政権にかけてた。あの、2011年のあの不幸がなければ、まったく違う現実があったのかも知れない。でも、結局、政権は自民党に戻ってしまい行政改革は道半ばで頓挫した。絶対に自民党ではできない、絶対に行政改革を自民党が行うことができない。それは、この2年間でわかった。自民党は行革なんてしない、ばらまきしかしない。お金を稼ぐことを知らない、お金を使うことだけに最適化された官僚達に権限を与えることしかできないんだ。ふざけるな、この野郎。

DSC00032.JPG

ホントはいろいろなポイントがある。でも、今重要なのはこの2点だ。行革しなくて消費税を上げる? は? 馬鹿じゃないのか? おこづかい上げてー、子どもでもできる施策だよ消費増税は。年金? 完全に崩壊してるだろうが! 緩やかな死を俺は受け入れない。今、最大限のつらさを俺たちは受け入れるべきだ、自分たちの子どもの世代に日本という国を繋げるために。

アベノミックスという劇薬、逃げ切れるかも知れないけど猛烈にリスキーだ。おまえらにそんなことをさせられない。俺は、声を上げるしかなかった、落合貴之を支援する活動を通してだ。

012.JPG

なげーな、なげーよこのエントリー。まー、書きたいこと書かせてもらうよ、俺のブログなんだから。

ぶっちゃけ、落合貴之と相容れない政策もある。維新の党なんて、もっと相容れないと言う事実もある。でも、自民党を利することはできない、そのためには維新を支持しなきゃいけないし、完璧に政策一致はしていない落合貴之に一票投じるべきなんだ。

東京6区の皆さんにお願いです。選挙に行ってください、絶対に行ってください。誰に投票したって別に構いません、でも、投票はしてください。あ、それは東京6区にかんけーないな、、、。

ここまで読んでくれたのなら、落合貴之に投票すべきか、別の候補に投票すべきかハッキリしているはずです。え? 違う違う、自分が投票すべき人に投票したらいい、それだけです。もちろん、落合貴之に投票してくれたら俺は嬉しいけどねー。

明日は楽しい投票になる。今まで勝手に厳かな儀式だと思ってた投票日が、楽しい投票日になるんだ。だって、おれはその一票にかける想いがやべーから。おれ、泣くかも、投票所で泣くかもな。それもいい、素晴らしい演劇を観て泣く、素晴らしいライブを観て泣く。素晴らしい選挙を観て泣いてもイイじゃないか。落合貴之と一緒にいた半月、楽しかったぜ!!!

みんな、投票に行こう! 20時からのテレビが楽しくなるぜ!!!

落合貴之Webページ
落合貴之Twitter
落合貴之関連YouTube

* なんか、めっちゃ微妙な表情な写真ですが、マイク収め後の落合貴之と俺
090.JPG





投稿者 ymkx : 2014年12月13日 22:07 |