« 劇団フルタ丸 第24回公演 『僕は父のプロポーズの言葉を知らない』 | メイン | 自転車の取り締まりと、路駐と歩きスマホと »

2015年6月 7日

元嶋佑弥PCCJ開幕5連勝

カテゴリ:元嶋佑弥

PCCJ2015 第5戦

2015年6月6日、PCCJ2015第5戦が静岡県の富士スピードウェイで行われた。6月にしては少し寒めのコンディションの中、ポールポジションからスタートした元嶋佑弥は一度もそのポジションを譲ることなく、ファーステストラップも奪う完全勝利。開幕からの連勝記録を伸ばし5連勝を決めた。


その1日前に行われた占有走行では異変が起きていた。ドライコンディションで行われた占有走行1回目、ウェットコンディションで行われた占有走行2回目、そのどちらもトップタイムをマークしたのは久保凛太朗、今年PCCJにデビューした若手ドライバーだ。そして、その勢いは土曜日の予選でも垣間見られた。

6月5日11時から行われた予選。前日からの勢いのまま久保が早くも1分43秒台のタイムを記録すると、ベストラップを1分43秒643まで更新する。元嶋も1分43秒台のタイムを記録するが、久保には及ばない。一方、元嶋と共にトップ争いを繰り広げていた近藤は序盤は1分44秒台のタイムに留まっていた。

セッション中盤、各車が続々とピットに戻り、ニュータイヤに交換。ここから熾烈なタイムアタック合戦が始まる。
久保が1分43秒421でタイムを更新すると、近藤が1分43秒535で2番手につける。元嶋は1分43秒586で3番手、トップ3が0.165秒にひしめき合う混戦。その後、近藤が1分43秒456とトップの久保に0.035秒まで迫るが一歩及ばず。久保は既にアタックを終え状況を見守る。元嶋もタイムを更新するがポジションアップには至らず。既にタイヤのおいしいところは使い果たしている、これで終わりかと思った矢先、場内実況ではセクター1・セクター2共にマイナス表示という絶叫。ヘッドランプを煌々と輝かせ、最終コーナーを立ち上がった15号車GARMIN PORSCHEのマシンがコントロールラインを駆け抜ける。タイムは1分43秒373!! 最後の最後でトップタイムをマークし、第5戦のポールポジションを獲得した。そして、トップ3のタイム差は0.083秒とその凄まじさを目の当たりにする結果となった。

PCCJ2015 第5戦

午後、午前よりさらに雲が厚くなり今にも雨が落ちてきそうなコンディションの富士スピードウェイ。元嶋佑弥のGARMIN PORSCHEがダミーグリッドにつく。もの凄い数のファンの押しかけ、多くのカメラマンが元嶋のマシンをカメラに収める。開幕4連勝、果たして元嶋はどこまで連勝記録を伸ばすのか。多くの人たちがこの1戦に注目する。

フォーメーションラップを終え、ポールポジションにマシンを収める。後方でグリーンフラッグが振られレッドシグナルがひとつずつ点灯、5つのレッドシグナルが消えた瞬間、グリッドに並ぶ16台のポルシェが一斉にスタート! ポールポジションの元嶋はまずまずのスタートを決め、1コーナーまでには前に出る。2番グリッドの久保はスタートでこそ決めることはできなかったが、1コーナーから元嶋のマシンにピッタリとつけ100Rではテールテゥノーズに持ち込む。アドバンコーナーでイン側にマシンを斬り込んでくる久保だったが、元嶋は冷静にラインを守る。勢いのある久保はさらにダンロップコーナーへのアプローチでもマシンをふり元嶋の隙を探るが、元嶋は冷静そのもの。ダンロップコーナーもキッチリと抑え後半上りセクションにはいる。久保は元嶋の背後に迫り1.5kmのストレートにはいる。オープニングラップをトップで終え、レースは2周目に入る。
2周目終了で、元嶋は2番手との差を広げるが、3周目には2番手の久保がファーステストラップを記録、緊張感の高いレース展開。5周目に元嶋がファーステストを塗り替え突き放しにかかりたいところだからギャップは変わらず。しかし、レースも中盤にさしかかるところで元嶋は2番手とのギャップを徐々に築きはじめる。9周目には2秒差、12周目には4秒弱まで差を広げてきた。ここまで来るとあとは自分との戦いだ。レース終盤、集中力が切れがちな場面だが元嶋はトップを快走。そして、ファイナルラップに入る。
元嶋はヘッドライトをつけて富士スピードウェイのストレートに戻ってきた。そのままトップでチェッカード・フラッグを受けると、元嶋はマシンを振り喜びを表現した。ファーステストラップは元嶋だが久保とは1000分の1秒差、いかに今回のレースが混戦だったかを象徴するような記録だ。

表彰台、元嶋の指定席となりつつある1位のポディウムに上がり笑顔を見せる。2位久保、3位近藤、ここまで近藤選手とのデットヒートが繰り広げられていたが、ここに来て久保選手が本領を発揮しはじめる。元嶋は決して楽な展開で連勝を重ねているわけではない。若手3人の熾烈なバトル、PCCJは全10戦で折り返しを迎えた。後半戦はよりスリリングな展開が待っているだろう。

元嶋は2週間前に行われたスーパー耐久のクラッシュ(下位カテゴリのマシンに追突されている)の影響で足を痛めていた。そのコンディションの中での勝利は極めて大きな価値がある、本人の喜びを観ればそれは一目瞭然だ。本日行われる第6戦は2番グリッドからのスタート、ポールは近藤選手、3位には久保選手。楽なレースではない、これまで通りスタートで前に出ることができても簡単にはいかないだろう。そのレースを自分の目で見ることができないのは残念だが、元嶋佑弥の6連勝に期待したい。

PCCJ2015 第5戦





投稿者 ymkx : 2015年6月 7日 07:43 |