« さくらのクラウド、最小プランは月額2500円、リリースは11月15日15時 | メイン | とは言っても、ザウバーができることがあるのか? »

2011年11月 8日

中嶋一貴が再び世界へ

カテゴリ:ル・マン
LM24:トヨタ、ルマンプロジェクトのドライバーにブルツ、中嶋 一貴らを起用 [FMotorsports Kaigai]
11月7日、トヨタ・モータースポーツGmbH(TMG)は、来年スタートするLMP1マシンによるルマンプロジェクトのドライバーラインナップを発表した。

 予想通り中嶋一貴が再び世界の舞台に。トヨタのル・マンプロジェクトが発表になった瞬間から、日本人を乗せるとしたら誰だろうと考えていたのですが、一貴がその重責を担うことになりました。

 で、気になったのは活動の中心をそっちに移すのかどうか。現時点ではっきりと明言されているわけじゃないようですが、F1 STINGERでは掛け持ちするという言葉が本人から出ているみたいですね。

中嶋一貴、トヨタからWECに参戦! [F1 STINGER]
「シリーズ全部に出るかどうか分からないですが、今年のロッテラーのように(ロッテラーは、フォーミュラ・ニッポンに参戦しながら、途中欠場してアウディのワークスドライバーとしてルマンに挑戦して優勝している)なると思います」

とのこと。うーん、出るからにはWECに専念してもらいたいんだけどなぁ。ただ、トヨタとしても初年度は開発の年に位置づけ数戦参戦とのことですので、それなりに余裕はあるのかな。それでも、3カテゴリ掛け持ちは大変だと思うけど。今年、フォーミュラ・ニッポンでチャンピオンになってたら話は違っていたのかもしれないけどなぁ。

 何はともあれ、中嶋一貴が再び世界の舞台に立ってくれるのはうれしいニュースです。2013年の本格参戦ともなれば、さらに日本人ドライバーがその舞台に立つことになるのでしょうね。国内もいいけど、世界が舞台ってのはいろいろ夢があっていいなぁ。





投稿者 ymkx : 2011年11月 8日 12:00 |