« ん、ピットストップを増やさなきゃいけないってこと? | メイン | へっ?オーストラリアGPの経済効果低っっ! »

2011年1月20日

Facebookレノボ・ジャパン公式ファンページ ファン限定『CES2011現地レポート』1

カテゴリ:facebook/lenovo

 昨日、2011年1月19日に六本木ヒルズにあるレノボ・ジャパンで開催されたイベント【Facebookレノボ・ジャパン公式ファンページ ファン限定『CES2011現地レポート』】に参加してきました。このイベントは、レノボ・ジャパンの招待でアメリカで行われている家電製品中心の展示会CESに行かれたアジャイルメディア・ネットワーク株式会社の徳力さんによる現地レポート、そして後半には【Lenovo Enhanced Experience 2.0】なる技術についての紹介でした。

DSCN0387.JPG

 昨年のF1日本グランプリの時にもお世話になった、レノボ・ジャパンの窪田さんの案内からイベントが始まりました、今回もお世話になりますー。

DSCN0389.JPG

 そして、今回Facebookのレノボ・ジャパンファンページのファン限定と、Facebookだけで募集をかけたイベントと言うこともあり、昨年『Facebookをビジネスに使う本』を執筆された株式会社ソーシャルメディア研究所の熊坂さんからご挨拶。そうそう、レノボ・ジャパンのFacebookファンページは確か昨年12月に開設したんだよね。ThinkPadユーザーだったのでそっこー、『いいね!』しました。

 そして、いよいよ徳力さんのCES2011現地レポートです。

DSCN0398.JPG

 今回のレポートはプレゼン資料を基に発表するのではなく、flickrとyoutubeに自分でアップしたものを基に発表するとのことです。

flickr
 右側の一覧メニューでCESの表示があるもの
youtube
 こちらはyoutubeの一覧

なんでも、CESの会場はとにかく広くて幕張メッセがいくつか繋がっているくらいの規模なんだとか。プレゼンなどを行うスペースも、こんな広さ、、、。話を聞く以前に、ブースを回って写真を撮るだけでも精一杯だったとか。確かに、メモをとる余裕は無さそうですねー。
 その中でも、韓国のサムスンの展示スペースは広大で、有楽町にある国際フォーラムの展示スペースくらいあったんじゃないかと。flickrに写真がアップされているのですが、この写真の奥の方までサムスンのブースだとか、、、恐るべし韓国パワー。
 そして日本のメーカーは3Dテレビ一色、その一方海外のメーカーはインターネットテレビが中心だとか。確かに、日本のメーカーは競って3Dテレビを出してますよね。個人的にはネットTVの方が魅力を感じるんだけどなぁ。

 そして、話しはレノボブースの説明に。
 レノボの展示は会場に隣接するレストランを借り切る形で展示。レストランなので、バーカウンターとかがあるわけですが、そのままバーカウンターとして活用してる様子。うーん、なんか日本の展示では考えられない手法ですね。でも、会場の展示とはひと味もふた味も違う雰囲気で印象に残りそうです。
 今回の展示はIdeaPadが中心。レノボというとどうしてもThinkPadが有名、というかむしろメーカー名よりもブランド名の方が先行している感があるのですが、ThinkPadは十分すぎるブランド力があることもあり、IdeaPadを押しているのかな? そのIdeaPadですが、ThinkPadとはまた違った魅力が満載で、ThinkPad的な質実剛健イメージとは異なり、カワイイ奴からかっこいい奴まであります。

 そして、今回のレノボの展示の目玉はなんと言ってもこれ! IdeaPad U1 Hybrid with LePad Slateだ!! って、この写真だけじゃ何が何だか分からないですよね。写真だけじゃ魅力が伝わらないことは重々承知している徳力さん、ちゃーんと動画で特徴を解説してもらってますよー。さー、この動画を観るがよい! 解説は、あれ? どっかで見たことあると思ったら、昨年のF1日本GPでレノボさんに招待してもらったイベント【Lenovo&Vodafone McLaren Mercedes F1 HOSPITALITY PROGRAN】の際にアテンドしてもらったケビンさんじゃないですか! 見た目とは裏腹に、日本語ペラペラです。
 それはそうと商品の話しですが、見た目はWindows7を搭載したIdeaPad、でも実は液晶ディスプレイ部分が外れて、Androidのタブレットマシンとして独立して使えるというありそうでなかった商品。や、個人的にはiPadを見たときに、AppleがMacBookAirとかでこんなマシンを出してくるんじゃないかと妄想していましたが、レノボが先に出してきましたかー。正直、使い方がイマイチイメージできないのですが、商品としてのインパクトはとにかく大きいですね。日本での発売は現時点では未定とのこと。ああ、これは絶対に買いますよ、敵をびびらせるには十分すぎるマシンだ!(敵ってだれ?)
 実は、【Lenovo&Vodafone McLaren Mercedes F1 HOSPITALITY PROGRAN】の帰りのバスで、レノボジャパンのロードリック・ラピン社長と話しをしたときに、IdeaPadは来年すごいマシンを出しますからぜひ期待して下さい、って話していたのです。やー、まさかそのマシンがこんなマシンだったとは、、、確かにこれは期待して間違いない商品ですよ!

 徳力さんは展示会の前日から展示会3日間まるまるCESを観られたとのこと。それでも、全てを見きれないって本当にすごい展示会なんですね。3日目にはレノボのCMO(チーフ・マーケティング・オフィサー)の方とブロガーが座談会を行い、徳力さんも日本のブロガーとして参加。レノボクラスのCMOがブロガーと座談会をすること自体ちょっと日本では考えられないのですが、そのくらいアメリカではブロガーというのが認められた存在だと言うことですね。

 以上で徳力さんの発表は終了。レノボのイベント自体も興味深かったのですが、徳力さんのブログに書かれていた『初体験のCES Unveiledで感じた日米におけるマスメディアとブログの境界線の違い #cesjp』というエントリーを読み自分自身ブロガーとして気になっていたので、CESに参加していたお客さんの客層について質問しました。
 回答の中で取材を行っている人たちメディア・ブロガーの人数が日本とは比べものにならないほど多くて、特に日本の場合は現時点でブロガーが取材している状況というのはあまり例がないので、その辺りが一番違うんだろうなぁと感じました。まあ、アメリカにおけるブロガーというのは、日本で日記的なブログを書いてるブロガーとは異なり、メディアとして十分機能しているブロガーですからね。

 あ、全然関係ないけど徳力さんのflickrを観てたら、こんな写真を発見。ん、このヘルメットに貼ってあるシールは、観たことある気が、、、って、CEREVOの岩佐社長じゃないっすか! つーか、何を被っているんですか、怪しい、怪しすぎる、、、。ちなみにこれが何かは、ご本人が解説されています。

CEREVO LIVEBOXとGoProで"歩きながらFPS視点で酔わないUSTキット"を作ってみた

Facebookレノボ・ジャパン公式ファンページ ファン限定『CES2011現地レポート』2】に続く





投稿者 ymkx : 2011年1月20日 18:09 |